利益相反管理方針

利益相反のおそれのある取引に関する取扱いについて

SBIリスタ少額短期保険株式会社

1.目的

SBIリスタ少額短期保険株式会社(以下「当社」といいます。)は、お客様の利益が不当に害されることのないよう、法令および利益相反管理方針(以下「本方針」といいます。)に従い、利益相反のおそれのある取引を適切に管理し、業務を遂行いたします。

2.定義

本方針の対象となる「利益相反のおそれのある取引」とは、当社または当社の親金融機関等もしくは子金融機関等(以下「当社グループ会社」といいます。)が行う取引(以下「対象取引」といいます。)のうち、お客様の利益を不当に害するおそれのある取引です。

3.利益相反のおそれのある取引の特定方法および類型

4.管理方法

当社は、利益相反となる取引を特定した場合、次に掲げる方法その他の適切な方法を適宜選択または併用することにより、利益相反のおそれのある取引を適切に管理いたします。
(1)対象取引を行う部門と当該お客様との取引を行う部門を分離する方法
(2)対象取引または当該お客様との取引の条件または方法を変更する方法
(3)対象取引または当該お客様との取引を中止する方法
(4)対象取引に伴い、当該お客さまの利益が不当に害されるおそれがあることについて、当該お客様に適切に開示する方法(ただし、当社または当社グループ会社が負う守秘義務に違反しない場合に限ります。)

5.管理体制

(1)利益相反管理の統括
当社は、利益相反の適切な管理を確保するため、利益相反管理統括部門を設置し、利益相反管理を一元的に行います。
利益相反管理統括部門は、いかなる他の部門の責任者からも具体的な業務についての指示を受けず、利益相反のおそれのある取引の特定および利益相反管理に関する全社的な管理体制を統括いたします。

(2)利益相反管理にかかる責務
利益相反管理統括部門は、本方針に沿って、必要な情報を集約し、利益相反のおそれのある取引の特定および利益相反管理を適切に実施するとともに、その有効性を定期的に検証し改善を図ります。
利益相反管理統括部門は、利益相反のおそれのある取引の特定およびその管理方法の選定結果について記録し、作成の日から5年間これを保存します。
利益相反管理統括部門は、当社役職員に対して研修を実施することにより、利益相反のおそれのある取引の管理について周知徹底を図ります。

6.利益相反管理の対象となる会社の範囲

利益相反管理の対象となる主な会社は以下のとおりです。なお、当社は当社グループの業務の特性を考慮し、法令では規定されない会社が行う取引についても留意するものとします。
・SBI損害保険株式会社
・SBI生命保険株式会社