• トップ>
  • WEB申込み

WEB申込み

STEP1
お申込内容確認・各種同意
STEP2
お客様情報のご登録・告知
STEP3
ご確認
STEP4
完了

この保険は、被保険者(保険金受取人)のお住まいが地震・噴火等により
損害を受けた場合の補償を目的とした保険です。
この保険は、お客様のご意向に沿ったものになっていますか?

お申込み内容のご確認

お申込みいただく保険の内容についてご確認ください。

名称
地震被災者のための生活支援費用保険
保険期間
1年間(自動更新)
保険金額*

地震被災費用保険金 30万円

被保険者が居住する住宅が保険期間中に地震等による損害を受け、政府の定める被害認定により全壊の認定を受けた場合、地震被災費用保険金として30万円をお支払いします。

震度6強被災保険金 5万円

被保険者が居住する住宅がある市区町村内で、保険期間中に震度6強以上の地震により被害が発生した場合、震度6強被災保険金として5万円をお支払いします。 *保険期間中にお支払する保険金の総額は、30万円を限度とします。
保険料
3,500円(年間)
保険料払込方法
クレジットカード(年一括払い)

契約概要、注意喚起情報のご確認

このページから「ミニリスタ」(正式名称:地震被災者のための生活支援費用保険)のお申込みをいただく場合は、以下の点にご注意ください。

  1. 1.「ミニリスタ」は、被保険者が居住する住宅のみお引き受けできます。
  2. 2.この商品は、補償対象の住宅が、り災証明書で全壊と認定された場合、被保険者が居住する住宅がある市区町村で、保険期間中に震度6強以上の地震とそれによる被害が発生した場合に保険金の支払い対象となります。
  3. 3.このページからのお申込みの場合、保険料の払込方法は、ご契約者本人名義のクレジットカード払いのみとなります。また、「保険証券の不発行に関する特約」が適用されるため、ご契約の成立後も保険証券の発行はいたしません(ご契約の成立後、ご契約のお引受けに関するメールをご登録いただいた電子メールアドレスに通知いたします。)。
  4. 4.ご入力情報の確認ページより送信いただいた情報を弊社が受信することをもって、お客さまから保険申込みの意思表示があったものとして承ります。
    • ※重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報)を確認・同意し、普通保険約款および特約を承認いただける場合のみお申込みください。
  5. 5.お申込み内容に誤りがあった場合や、お客様がお住まいの地域で液状化等のため引受制限を実施している場合等、お申込みをいただいても保険契約をお引き受けできない場合がございます。
    • ※この場合にはご契約は無効となり、お払込みいただいた保険料は、悪質な場合を除き全額お客様にお返しいたします。
  6. 6.「ミニリスタ」は、地震保険料を支払った場合に受けられる所得控除(地震保険料控除)の対象になりません。

その他、「ミニリスタ」の重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報)を下記に掲載しておりますので、お申込みの前に必ずご確認ください。

【重要事項説明書】 地震被災者のための生活支援費用保険

<重要なお知らせ>~必ずお読みください~

この重要事項説明書は、保険商品の内容をご理解いただくための重要な事項(契約概要)と、お客様にとって不利益となる事項など、特に注意していただきたい事項(注意喚起情報)等を記載しております。記載事項はすべてお申込み前にご理解いただきたい大切な情報ですので、必ず内容をご確認いただくとともに、ご契約後も大切に保管くださいますようお願いいたします。 また、本書面はご契約に関する全ての内容を記載しているものではありません。詳細につきましては、普通保険約款・特約をご参照ください。

【地震被災者のための生活支援費用保険(ミニリスタ)】契約概要
1.商品のしくみについて

「地震被災者のための生活支援費用保険(ミニリスタ)」は、被保険者が居住する住宅が地震等による損害(※1)を受けた場合、または被保険者が居住する住宅のある市区町村内で震度6強以上の地震(※2)により被害が発生した場合に、保険金をお支払いします。

※1 「地震等による損害」とは「地震・噴火・またはこれらによる津波を直接または間接の原因とする火災、損壊、埋没または流失により生じた損害」をいいます。

※2 気象庁が発表する震度の階級が6強以上となる地震をいいます。

2.補償内容について
(1) 保険金をお支払いする場合

①地震被災費用保険金
被保険者が居住する住宅が保険期間中に地震等による損害を受け、政府の定める被害認定により全壊の認定を受けた場合、地震被災費用保険金として30万円をお支払いします。

②震度6強被災保険金
被保険者が居住する住宅がある市区町村内で、保険期間中に震度6強以上の地震により被害が発生した場合、震度6強被災保険金として5万円をお支払いします。

(2) 政府の定める被害認定に関して

政府の定める被害認定とは、平成13年6月28日府政防第518号内閣府政策統括官(防災担当)通知および平成16年4月1日府政防第361号内閣府政策統括官(防災担当)通知にもとづき、地方自治体が調査を実施のうえ行う地震等による損害の認定をいいます。

(3) お支払いする保険金の総額

1保険期間を通じ弊社がこの保険契約によりお支払いする保険金の総額は、30万円を限度とします。震度6強以上の地震の発生により、被保険者が居住する住宅が全壊と認定されたとき(地震被災費用保険金と震度6強被災保険金の支払事由が同時に発生したとき)は、震度6強被災保険金はお支払いせず、地震被災費用保険金のみをお支払いします。
震度6強以上の地震の発生により震度6強被災保険金を支払った後に、その地震により被保険者の居住する住宅が全壊と認定されたときは、地震被災費用保険金(30万円)から、既に支払い済みの震度6強被災保険金の合計額(5万円×支払回数)を控除した金額を地震被災費用保険金としてお支払いします。地震被災費用保険金をお支払いした場合、この保険契約は、その保険金の支払いの原因となった地震等による損害が生じた時に終了します。また、震度6強以上の地震の発生日から遡って100日以内に震度6強被災保険金をお支払いする地震が同一の市区町村内ですでに発生していた場合には、震度6強被災保険金はお支払いしません。

(4) 保険金をお支払いできない主な場合

次のいずれかの事由により生じた損害に対しては、保険金をお支払いしません。

  • 保険契約者、被保険者、被保険者と同居する方、保険金の受取人またはそれぞれの法定代理人の故意もしくは重大な過失または法令違反
  • 暴力団等の反社会的勢力の構成員等、または反社会的勢力と一定の関係を有する等の事実が判明した場合(この場合、弊社は保険契約を解除することができます。)
  • 戦争、外国の武力行使、革命、政権奪取、内乱、武装反乱その他これらに類似の事変または暴動(群集または多数の者の集団の行動によって、全国または一部の地区において著しく平穏が害され、治安維持上重大な事態と認められる状態をいいます。)
  • 核燃料物質(使用済燃料を含みます。)もしくは核燃料物質によって汚染された物(原子核分裂生成物を含みます。)の放射性、爆発性その他の有害な特性を直接または間接の原因とする事故
  •  ※「ミニリスタ」は地震保険と保険金支払い基準が異なります。地震保険で保険金支払いの対象となっても、ミニリスタでは、保険金支払いの対象外となる場合がありますのでご注意ください。
3.保険金請求の手続きについて

保険契約者または被保険者は、被保険者が居住する住宅について地震等による損害が生じたことを知ったときは、その状況や程度を速やかに弊社までご通知ください。なお、保険金請求の際には、保険金の受取人である被保険者より、保険金請求書に以下の書類を添えてご提出いただきます。

  • (1)り災証明書(震度6強被災保険金の請求時は不要)
  • (2)住民票の写し
  • (3)その他弊社が要求する書類
4.付帯できる特約の種類

弊社と保険契約者との合意により、保険証券を不発行とすることができる「保険証券の不発行に関する特約」があります。

5.保険期間・保険の継続について
  • (1)保険期間は1年です。
  • (2)保険期間満了後も引き続き保険契約を継続いただくことが可能な場合、弊社は保険期間の満了日の2か月前までに、保険料および引受内容を記載した継続通知書および継続契約変更届出書を保険契約者に送付します。
  • (3)弊社は、保険契約者に継続契約にかかる通知を行うに際し、本契約の普通保険約款、本契約に付帯される特約、保険契約引受けに関する制度および保険料率等の見直しを行うことがあります。その場合は、変更内容を記載した継続通知書を保険契約者に送付します。
  • (4)保険契約の継続の停止を希望する場合、保険期間の満了日の1か月前までに保険契約者は弊社にその旨を通知してください。通知がない場合、保険期間満了後も同じ契約内容にて自動継続となります。
6.お引受け条件について
  • (1) 「ミニリスタ」をお申込みいただける住宅は、被保険者が居住する住居に限ります。(住宅部分のない建物はお引受け出来ません。)
  • (2)被保険者が居住する住宅の地域における弊社の保有契約数が、弊社の定める保有契約数の限度に達した場合、またはその地域において液状化現象や噴火等により弊社がお引受け制限を実施している場合には、お引受けをお断りする場合があります。
  • (3)被保険者が居住する住宅について、被保険者と同居する方がこの保険契約を重複して契約することはできません。重複して契約された場合には、後で契約された保険契約は無効になります。
  • (4)大規模地震対策特別措置法に基づく地震災害に関する警戒宣言が発せられ、被保険者が居住する住宅が地震防災対策強化地域内に所在する場合、当該警戒宣言が発せられた時から、警戒解除宣言が発せられた日までの間は、新規にお申込みいただくことはできません。警戒宣言が発せられた時点において、弊社がお引受けを承認していないご契約は無効になります。ただし継続契約については引き続きお引受けいたします。
  • (5)巨大地震の発生等により、保険金の支払事由が集中して発生し、保険金支払いのための財源が不足する場合、保険金を削減してお支払いすることがあります。なお、弊社では関東大震災クラスに相当する規模の地震が発生した場合(200年再現期間)に想定される保険金額を算出して、再保険会社と再保険契約を締結しております。
7.保険料に関する事項
  • (1)地震の頻発等により、弊社の保険料計算の基礎に著しい影響を及ぼす状況が発生した場合、この保険契約の保険期間中において、保険料の増額の請求または保険金額の減額を行うことがあります。
  • (2)「ミニリスタ」の更新時に保険料の増額または保険金額の減額を行うことがあります。
8.保険料の払込方法について

保険料の払込方法は以下から選択できます。

  • (1)弊社指定のクレジットカードによる払込み
  • (2)口座振替(ご指定の金融機関からの自動振替)による払込み
  • (3)直接払込み(金融機関等の弊社が指定する口座経由)(法人のお客様限定)
9.満期返れい金・配当金に関する事項

「ミニリスタ」には満期返れい金・契約者配当金はございません。

10.解約(保険契約者による保険契約の解除)時の払戻金について

領収した保険料から既経過期間に対し月割によって計算した保険料を差し引いて、その残額を払い戻します。(ただし、既経過期間中に保険金の支払事由が生じ、保険金をお支払いした場合には払戻金はありません。)

注意喚起情報

この「注意喚起情報」はご契約の内容等に関する重要な事項のうち、特にご注意いただきたい事項を記載しています。

1.クーリングオフについて

クーリングオフ制度とは、お申込人または保険契約者がお申込みから一定期間であれば法令等によりご契約の撤回等が行える制度ですが、本契約については、契約期間が1年以下であるため、クーリングオフできませんのでご注意ください。

2. 被保険者が死亡した場合
  • 被保険者が死亡した場合は、この保険契約は失効します。ただし、補償の対象となる住宅に居住する被保険者の法定相続人がこの保険契約の被保険者の地位を継承する旨を、保険契約者が弊社に申し出て、かつ弊社がこれを承認した場合は、この限りではありません。
  • 被保険者が居住する住宅が普通保険約款第3条(保険金を支払う場合)に規定する支払事由に該当したときから、弊社が保険金をお支払いするまでに被保険者が死亡した場合は、弊社は、民法に従い、被保険者の法定相続人に対し保険金をお支払いします。保険契約者と被保険者が同一のときは、法定相続人はこの保険契約(特約も含む)に規定される一切の権利義務を継承し、保険契約者と被保険者が異なるときは、法定相続人はこの保険契約(特約も含む)に規定される被保険者の一切の権利および義務を継承するものとします。
  • 法定相続人が2名以上であるときは、弊社は、全ての法定相続人間の合意を確認のうえで、代表者1名を定めることができます。この場合において、代表者は、他の法定相続人を代表するものとします。
3.通知義務について

通知義務とは、ご契約後、契約内容に変更が生じた場合に、保険契約者または被保険者が弊社に連絡する義務のことをいいます。保険契約者の住所、または被保険者が居住する住宅の住所が変更となる場合は、速やかに弊社までご連絡ください。ご通知いただけなかった場合、保険金をお支払いできない場合がありますのでご注意ください。

4.保険金をお支払いできない主な場合
  • 保険契約者、被保険者、被保険者と同居する人、またはそれぞれの法定代理人の故意もしくは重大な過失または法令違反
  • 戦争、外国の武力行使、革命、政権奪取、内乱、武装反乱その他これらに類似の事変または暴動(群集または多数の者の集団の行動によって、全国または一部の地区において著しく平穏が害され、治安維持上重大な事態と認められる状態をいいます。)
  • 暴力団等の反社会的勢力の構成員等、または反社会的勢力と一定の関係を有する等の事実が判明した場合(この場合、弊社は保険契約を解除することができます。)
  • 核燃料物質(使用済燃料を含みます。)もしくは核燃料物質によって汚染された物(原子核分裂生成物を含みます。)の放射性、爆発性その他の有害な特性を直接または間接の原因とする事故
  • 「ミニリスタ」は地震保険と保険金お支払い基準が異なります。地震保険で保険金支払いの対象となっても、この保険では、保険金支払いの対象外となる場合がありますのでご注意ください。
5.責任開始日(保険始期)について

ご契約の責任開始日(保険始期)は、保険料の払込方法により異なります。

※この保険契約が継続される場合には、継続後の保険契約の責任開始日(保険始期)は、保険料の支払方法に関わらず、この保険契約の保険期間の末日の翌日午前0時となります。

払込方法責任開始日(保険始期)
(1)クレジットカード払いの場合 弊社がクレジットカードの有効性等の確認ができた日(お申込みに必要なすべての書類が弊社に到着した日の翌営業日)の翌日午前0時となります。
(2)口座振替(ご指定の金融機関からの自動振替)による払込みの場合 お申込みに必要なすべての書類が弊社に到着した日が、その月の1日から20日の間であれば翌月1日午前0時となります。その月の21日から末日の間であれば翌々月1日午前0時となります。
(3)直接払込(弊社指定口座経由の払込)の場合 お申込人が払い込んだ保険料が、弊社指定口座に着金した日の翌日午前0時となります。
※直接払込みについては、お申込人が法人の場合に限りお取扱いいたします。
(4)責任開始日を任意で指定する場合※ お申込人が指定する日の午前0時(事前に弊社の承諾が必要です。また上記(1)(2)(3)の責任開始日以前の日を指定することはできません。)

※指定する日までに被保険者が居住を開始していない場合には、補償は開始いたしませんので、「保険金を支払う場合」に該当していても、保険金はお支払いできません。この場合には、実際に居住を開始した日を責任開始日としてご指定されたものとみなします。なお、居住を開始した日は、住民票等により証明された日とします。

6 .保険料の払込猶予期間、契約の失効等について

(1) 保険料の払込猶予期間等の取扱い
保険料の払込猶予期間内(※)に保険料の払込みがない場合、弊社はお申込みの保険契約を引受けなかったものとして取扱うか、またはご加入中の保険契約を解除することができます。
※保険料の払込猶予期間は、選択された保険料の払込方法によって異なりますので、詳細については弊社までお問い合わせください。例えば、口座振替を選択されている場合、払込猶予期間は保険料払込期日の属する月の翌々月の末日までとなります。
(2)保険契約が失効する場合
以下いずれかの事実が発生した場合は、保険契約はその効力を失います。
  • ①被保険者が居住する住宅の全部が滅失した場合(地震・噴火・津波と関係ない災害等により補償の対象となる住宅が全壊・全焼した場合)
  • ②被保険者が居住する住宅から被保険者が転居した場合(ただし、弊社が承認した場合を除きます。)
  • ③被保険者が死亡した場合(ただし、補償の対象となる住宅に居住する被保険者の法定相続人がこの保険契約の被保険者の地位を継承する旨を、保険契約者が弊社に申し出て、かつ弊社がこれを承認した場合を除きます。)
7.解約(保険契約者による保険契約の解除)時の払戻金について

領収した保険料から既経過期間に対し月割によって計算した保険料を差し引いて、その残額を払い戻します。(ただし、既経過期間中に保険金の支払事由が生じ、保険金をお支払いした場合には払戻金はありません。)

8.法令等で注意喚起することとされている事項
  • (1)万一弊社が経営破綻した場合であっても、「損害保険契約者保護機構」「生命保険契約者保護機構」による保護はございません。また、保険業法第270条の3第2項第1号に規定する「補償対象契約」にも該当しません。
  • (2)地震の頻発等により、弊社の保険料計算の基礎に著しい影響を及ぼす状況が発生した場合、この保険契約の保険期間中において、保険料の増額または保険金額の減額を行うことがあります。
  • (3)「ミニリスタ」は、地震保険に関する法律(昭和41年5月18日施行)に基づく再保険の適用を受けません。巨大地震の発生等により、保険金支払いのための財源が不足する場合、保険金を削減してお支払いすることがあります。
  • (4) 「ミニリスタ」の更新時に保険料の増額または保険金額の減額を行うことがあります(保険業法施行規則第227条の2第3項第13号)。
  • (5)想定外の巨大地震が頻発した場合や再保険市場の著しい悪化等により「ミニリスタ」が不採算となり継続契約の引受が困難になった場合は、「ミニリスタ」の継続契約はお引受けできないことがあります。
  • (6)少額短期保険業者が引受けられる保険契約の要件
    • ①保険期間は損害保険の場合2年までとなります(同規則第227条の2第3項第15号イ)。なお、「ミニリスタ」の保険期間は1年です。
    • ②保険金額は損害保険の場合、1被保険者について1,000万円までとなります(同規則第227条の2第3項第15号ロ)。
    • ③1保険契約者についてのお引受けするすべての保険の保険金額の上限は、損害保険の場合10億円となります(同規則第211条の31第2項および第227条の2第3項第15ハ)。
9.地震保険料控除

この保険商品「ミニリスタ」は、地震保険料を支払った場合に受けられる所得控除(地震保険料控除)の対象になりません。

10.支払情報交換制度について

当社は、(社)日本少額短期保険協会、少額短期保険業者および、特定の損害保険会社とともに保険金等のお支払いまたは、保険契約の解除、取消し、もしくは無効の判断の参考とすることを目的として、保険契約に関する所定の情報を相互照会しております。
※「支払時情報交換制度」に参加している各少額短期保険会社等の社名につきましては、(社)日本少額短期保険協会ホームページ(http://www.shougakutanki.jp/)をご参照ください。

個人情報の取扱いについて
(1)個人情報の利用目的

弊社およびSBIグループ企業は、本契約に関する個人情報(個人番号および特定個人情報をのぞきます)を、下記①から⑤その他業務上必要とする範囲で、取得・利用・提供または登録を行います。

  1. ①保険契約のお見積り、お引受け、維持、管理
  2. ②保険金のお支払い手続き
  3. ③再保険契約の締結、再保険契約に基づく通知および再保険金の請求
  4. ④弊社またはSBIグループ企業、提携会社からの各種商品やサービスのご案内
  5. ⑤弊社またはSBIグループ企業の業務に関する商品・サービスの充実や各種の調査
  • ※SBIグループ企業については、以下のURLにてご確認いただくことが可能です。
    http://www.sbigroup.co.jp/company/group/overview.html
    SBIグループ企業との共同利用においては、SBIホールディングス株式会社が管理責任者となります。
    ‹SBIグループ企業との共同利用に関するお問い合わせ先›
    SBIホールディングス株式会社 総務人事部
    03-6229-0100(代表)

(2)機微(センシティブ)情報に関して

弊社は、保険業法施行規則第53条の10およびガイドラインに基づき、要配慮個人情報ならびに労働組合への加盟、門地、本籍地、保健医療および性生活に関する個人情報(機微(センシティブ)情報)の取得・利用・第三者提供を、相続手続を伴う保険金支払事務等の業務上必要な範囲に限定しています。

(3)第三者への提供

弊社は、以下の場合を除き、ご本人の同意なく本契約に関する個人情報を第三者に提供することはありません。また、個人番号および特定個人情報については、番号法で認められている場合を除いて第三者に提供することはありません。

  1. ①法令に基づく場合
  2. ②弊社の業務遂行上必要な範囲内で、代理店を含む委託先に提供する場合
  3. ③再保険契約の締結や再保険金の受領のために、日本国内または外国の再保険会社や再保険ブローカーへ、再保険会社等へ必要な情報を提供する場合
  4. ④保険制度の健全な運営を確保するため、また、不正な保険金請求を防止するために、他の保険業に関連する企業・団体・協会等と共同利用する場合
  5. ⑤SBIグループ企業との間で共同利用を行う場合
  • ※弊社の個人情報の取扱い等に関するご照会・ご相談は、下記までお問い合わせください。弊社の個人情報の取扱いに関する詳細につきましては、弊社ホームページ(https://www.jishin.co.jp)をご覧下さい。

    ‹個人情報のお取扱いに関するお問い合わせ先›
    SBIリスタ少額短期保険株式会社 お客様相談室
    03-6229-1014(受付時間:土日祝日を除く午前9時から午後6時)

相談・苦情・連絡窓口について

●SBIリスタ少額短期保険 お客様サービスセンター

「ミニリスタ」の補償内容・ご契約内容等に関するお問合せは、お客様サービスセンターにて承ります。
TEL: 0120-431-909
受付時間: 土・日・祝日を除く9:00-18:00

●一般社団法人日本少額短期保険協会「少額短期ほけん相談室」

少額短期ほけん相談室は、ご契約者をはじめ、一般消費者の皆様から少額短期保険全般に関するご相談・ご照会・苦情処理および紛争解決を行うことを目的として、日本少額短期保険協会が運営する機関です。

TEL: 0120-82-1144
FAX: 03-3297-0755
受付時間: 9時~12時, 13時~17時
受付日: 月曜日から金曜日
(祝日および年末年始休業期間を除く)
詳しくは、日本少額短期保険協会のホームページにてご案内しております。

SBIリスタ少額短期保険株式会社 〒106-6016 東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー

『重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報)』の内容を確認し、同意します。

お申込み内容は、補償内容(補償額・保険料等)を含め、
すべてお客様のご意向に沿ったものになっていますか。

次に進む

次に進む

重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報)・普通保険約款のPDFファイルをご用意しておりますので、お客さまご自身で印刷またはご自身の端末にダウンロードをお願いします。ご契約後にお届けするメールにも同様のPDFデータが閲覧可能なリンクを掲載しておりますので、ご契約後に印刷またはダウンロードいただくことも可能です。

重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報)・普通保険約款
  • ミニリスタの正式名称は「地震被災者のための生活支援費用保険」です。
  • このページは、商品の概要を説明しております。ご検討にあたっては重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報)、普通保険約款を必ずご確認ください。
  • お住まいの地域等によってはお引き受けができない場合がございます。
  • SBIリスタ少額短期保険株式会社でお見積り・ご契約いただいた際に告知いただいた内容は、取扱代理店へ提供されます。
  • 取扱代理店およびその担当者(少額短期保険募集人)はお客様とSBIリスタ少額短期保険株式会社の保険契約締結の媒介を行うもので、告知受領権や保険契約締結の代理権はございません。保険契約はお客様からの保険契約のお申込みに対してSBIリスタ少額短期保険株式会社が承諾したときに有効に成立します。

募集文書番号:BG02-2018-1941
2018年9月作成
引受保険会社 SBIリスタ少額短期保険株式会社