地震保険の加入率はどのくらい

地震保険の都道府県別世帯加入率

地震保険の世帯別加入率の全国平均は30.5%となっています。都道府県別に見てみると、加入率が最も高いのは宮城県の51.8%、 一番低い県が沖縄県の14.8%でした。都市部や過去に大規模な地震が発生した地域(宮城県)、または大規模な地震が今後警戒される地域(東海地方)において比較的加入率が高い傾向がみられます。

<地震保険の都道府県別世帯加入率 (2016年度)>

(%)

都道府県 世帯加入率 都道府県 世帯加入率 都道府県 世帯加入率
北海道 23.4 石川 24.9 岡山 22.7
青森 20.3 福井 26.7 広島 29.4
岩手 22.7 山梨 31.6 山口 24.6
宮城 51.8 長野 20.7 徳島 28.7
秋田 21.0 岐阜 34.6 香川 31.3
山形 21.0 静岡 30.4 愛媛 24.4
福島 29.1 愛知 40.3 高知 26.0
茨城 28.6 三重 27.9 福岡 34.2
栃木 27.7 滋賀 27.5 佐賀 21.3
群馬 21.6 京都 29.3 長崎 15.4
埼玉 31.4 大阪 31.5 熊本 35.6
千葉 33.4 兵庫 26.7 大分 24.6
東京 36.7 奈良 28.7 宮崎 25.8
神奈川 35.1 和歌山 25.3 鹿児島 25.9
新潟 21.2 鳥取 24.5 沖縄 14.8
富山 21.4 島根 16.2 全国 30.5

(出典:損害保険料率算出機構統計集 2016年度)

(注)世帯加入率は、2016(平成28)年12月末時点で有効な地震保険有証券件数を2017(平成29)年1月1日時点の住民基本台帳(総務省自治行政局公表、外国人含む)に基づく世帯数で除したものである。

最近の地震保険加入の傾向は?

地震保険は火災保険に付帯することでのみ加入することができます。この火災保険に地震保険がセットされた「付帯率」については、2011年3月に発生した東日本大震災以降、増加傾向にあります。

<地震保険の付帯率>

(%)

都道府県 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 対前年
増加ポイント
北海道 48.1 49.7 50.5 50.8 51.0 52.4 1.4
青森 55.0 57.7 59.4 60.8 61.8 62.9 1.1
岩手 56.7 61.4 64.0 65.3 66.8 67.9 1.1
宮城 81.1 83.5 85.2 85.3 86.2 86.4 0.2
秋田 59.8 63.2 65.7 67.3 68.5 69.5 1.0
山形 52.1 56.1 57.3 59.1 60.9 62.5 1.6
福島 58.1 64.8 67.0 68.7 70.5 72.2 1.7
茨城 52.5 57.4 59.9 60.3 60.5 61.9 1.4
栃木 50.4 55.4 58.0 60.5 62.2 64.2 2.0
群馬 43.7 47.8 50.1 52.6 54.7 56.6 1.9
埼玉 51.2 55.2 57.2 58.3 58.9 60.4 1.5
千葉 50.5 53.7 55.1 55.8 56.9 58.7 1.8
東京 50.7 53.9 55.1 56.0 56.8 58.1 1.3
神奈川 53.0 55.6 56.5 57.4 58.2 59.3 1.1
新潟 54.4 57.6 59.6 61.3 62.4 64.0 1.6
富山 44.7 47.5 48.9 50.3 51.2 54.1 2.9
石川 48.4 50.8 51.5 52.1 53.4 56.2 2.8
福井 48.8 52.1 54.5 56.4 58.0 59.7 1.7
山梨 58.5 61.6 63.3 65.8 67.7 69.8 2.1
長野 44.3 47.0 49.3 51.7 54.4 56.7 2.3
岐阜 66.9 68.8 70.7 72.3 73.1 74.6 1.5
静岡 57.4 59.5 60.8 61.8 62.7 64.4 1.7
愛知 68.3 69.5 70.5 71.2 71.1 72.9 1.8
三重 60.8 62.4 64.0 64.0 64.8 66.2 1.4
滋賀 47.8 50.3 52.7 54.3 55.6 57.5 1.9
京都 44.3 47.7 50.3 51.9 53.2 55.7 2.5
大阪 51.7 53.9 56.0 56.9 57.5 59.0 1.5
兵庫 45.9 48.4 51.6 53.1 54.3 56.2 1.9
奈良 54.3 58.0 60.0 61.1 61.7 63.8 2.1
和歌山 53.0 55.5 56.8 58.1 59.3 61.0 1.7
鳥取 55.1 57.8 60.4 62.3 64.2 66.8 2.6
島根 48.6 52.3 53.7 54.9 55.5 57.8 2.3
岡山 45.2 47.7 49.7 52.1 53.6 56.8 3.2
広島 59.7 61.6 62.9 64.7 65.7 67.0 1.3
山口 50.2 51.9 53.8 55.8 57.6 60.1 2.5
徳島 66.5 69.5 71.0 71.7 72.4 73.8 1.4
香川 57.7 60.4 63.0 64.4 66.3 68.8 2.5
愛媛 55.7 58.6 61.2 62.5 63.9 66.0 2.1
高知 79.5 81.7 83.3 83.3 84.2 84.8 0.6
福岡 57.7 59.8 61.3 62.8 64.0 67.2 3.2
佐賀 40.1 41.5 42.5 43.3 44.7 50.1 5.4
長崎 36.1 37.7 38.3 38.5 39.2 45.0 5.8
熊本 56.1 58.9 60.7 62.0 63.8 74.3 10.5
大分 54.3 57.2 59.9 61.4 62.9 65.9 3.0
宮崎 68.3 71.0 72.8 74.6 76.3 79.0 2.7
鹿児島 67.5 69.3 70.8 71.5 73.0 76.3 3.3
沖縄 50.3 50.9 51.5 51.5 51.5 54.2 2.7
合計 53.7 56.5 58.1 59.3 60.2 62.1 1.9

(出典:損害保険料率算出機構統計集 2016年度)

(注)付帯率は、当年度中に契約された火災保険契約(住宅物件)に地震保険契約が付帯されている割合である。

 
  • Resta(リスタ)の正式名称は「地震被災者のための生活再建費用保険」です。
  • このページは、商品の概要を説明しております。ご検討にあたっては重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報)、普通保険約款を必ずご確認ください。
  • お住まいの地域等によってはお引き受けができない場合がございます。
  • SBIリスタ少額短期保険株式会社でお見積り・ご契約いただいた際に告知いただいた内容は、取扱代理店へ提供されます。
  • 取扱代理店およびその担当者(少額短期保険募集人)はお客様とSBIリスタ少額短期保険株式会社の保険契約締結の媒介を行うもので、告知受領権や保険契約締結の代理権はございません。保険契約はお客様からの保険契約のお申込みに対してSBIリスタ少額短期保険株式会社が承諾したときに有効に成立します。

募集文書番号:BG02-2018-1809
2018年1月作成
保険引受会社 SBIリスタ少額短期保険株式会社

地震保険をご検討の方へ、月額1,210円からの地震補償保険Resta(リスタ)をご案内しています。
※「地震保険」とSBIリスタ少額短期保険の地震補償保険Resta(リスタ)とは異なる商品です。



申込み・ご質問・資料請求はお電話またはWEBから