地震保険の保険料はどのように決まるの?

地震保険料を決めているのは?

地震保険の保険料は「損害保険料率算出機構」により算出されています。地震保険の保険料は一般の保険と同じく純保険料と付加保険料で構成されており、純保険料は予測される地震被害により保険会社が支払う保険金に充てられ、付加保険料は保険会社が保険契約の処理のためにかかる事務費用や損害調査費用、代理店手数料に充てられています。

お住まいの建物の構造・所在地で変わる保険料

地震保険の保険料は地震保険の対象である建物の構造と所在地によって異なります。 建物の構造は鉄骨・コンクリート構造の「イ構造」と、木造の「ロ構造」分類され、 所在地については都道府県別に1等地~4等地に分類されています。この「構造区分」と「所在地」の分類に応じて保険料が設定されています。

構造区分 基準
イ構造 鉄骨造やコンクリート造の建物など
ロ構造 木造の建物など

保険料例(建物および家財)<保険期間1年、保険金額1,000万円あたり>

都道府県 構造区分
イ構造 ロ構造
岩手県、秋田県、山形県、栃木県、群馬県、富山県、石川県、福井県、長野県、滋賀県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、鹿児島県 6,800円 11,400円
福島県 7,400円 14,900円
北海道、青森県、新潟県、岐阜県、京都府、兵庫県、奈良県 8,100円 15,300円
宮城県、山梨県、香川県、大分県、宮崎県、沖縄県 9,500円 18,400円
愛媛県 12,000円 23,800円
大阪府 13,200円 23,800円
茨城県 13,500円 27,900円
徳島県、高知県 13,500円 31,900円
埼玉県 15,600円 27,900円
愛知県、三重県、和歌山県 17,100円 28,900円
千葉県、東京都、神奈川県、静岡県 22,500円 36,300円

保険料の割引について

地震保険の保険料には割引制度が存在します。割引は下記の4種類があり、これらは重複して適用されることはありません。

①免震建築物割引

割引率 50%

・住宅の品質確保の促進等に関する法律に基づく免震建築物である場合

②耐震等級割引

耐震等級 割引率
3 50%
2 30%
1 10%

・住宅の品質確保の促進等に関する法律に基づく耐震等級を有している場合

③耐震診断割引

割引率 10%

・地方公共団体等による耐震診断または耐震改修の結果、改正建築基準法(昭和56年6月1日施行)における耐震基準を満たす場合

④建築年割引

割引率 10%

・昭和56年6月1日以降に新築された建物である場合

※割引の適応を受けるためには所定の確認資料の提出が必要

 
  • Resta(リスタ)の正式名称は「地震被災者のための生活再建費用保険」です。
  • このページは、商品の概要を説明しております。ご検討にあたっては重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報)、普通保険約款を必ずご確認ください。
  • お住まいの地域等によってはお引き受けができない場合がございます。
  • SBIリスタ少額短期保険株式会社でお見積り・ご契約いただいた際に告知いただいた内容は、取扱代理店へ提供されます。
  • 取扱代理店およびその担当者(少額短期保険募集人)はお客様とSBIリスタ少額短期保険株式会社の保険契約締結の媒介を行うもので、告知受領権や保険契約締結の代理権はございません。保険契約はお客様からの保険契約のお申込みに対してSBIリスタ少額短期保険株式会社が承諾したときに有効に成立します。

募集文書番号:BG02-2016-1615
2016年12月作成
保険引受会社 SBIリスタ少額短期保険株式会社

地震保険をご検討の方へ、月額1,210円からの地震補償保険Resta(リスタ)をご案内しています。
※「地震保険」とSBIリスタ少額短期保険の地震補償保険Resta(リスタ)とは異なる商品です。



申込み・ご質問・資料請求はお電話またはWEBから