「り災証明書」の被害認定基準

「り災証明書」の被害認定は、下表の(1)または(2)の基準にしたがって判定されます。
(2)の詳細につきましては、内閣府が定める「災害に係る住家の被害認定基準運用指針」をご覧ください。

  全壊 大規模
半壊
半壊
(1)損壊基準
延べ床面積に占める損壊・消失・流失部分の面積割合 70%以上 50%以上
70%未満
20%以上
50%未満
(2)損害基準
住家全体に占める屋根・柱・壁・基礎等の主要な構成要素の経済的被害の割合 50%以上 40%以上
50%未満
20%以上
40%未満
1. 全壊
住宅がその居住のための基本的機能を喪失したもの、または、 住宅の損壊が甚だしく、補修により元どおりに再使用することが困難なもの。
2. 大規模半壊
半壊であって、構造耐力上主要な部分(建築基準法施行令第1条第3号に 規定する構造耐力上主要な部分をいう。)の補修を含む大規模な補修を行わなければ、当該住宅に居住することが困難であると認められるもの。
3. 半壊
住宅がその居住のための基本的機能の一部を喪失したもの。(住宅の損壊が甚だしいが、補修すれば元どおりに再使用できる程度のもの。)

リスタで保険金をお支払いできない主な場合

  • 保険契約者、被保険者、被保険者と同居する方、保険金の受取人またはそれぞれの法定代理人の故意もしくは重大な過失または法令違反
  • 戦争、外国の武力行使、革命、政権奪取、内乱、武装反乱、その他これらに類似の事変または暴動(群集または多数の者の集団の行動によって、全国または一部の地区において著しく平穏が害され、治安維持上重大な事態と認められる状態をいいます。)
  • 核燃料物質(使用燃料を含みます。)もしくは核燃料物質によって汚染された物(原子核分裂生成物を含みます。)の放射性、爆発性、その他の有害な特性を直接または間接の原因とする事故

「一部損壊」の取扱いについてのご注意

地方自治体によっては、「一部損壊」のり災証明が発行される場合がございますが、リスタでは、補償の対象外となります。これは、リスタの保険金のお支払いが、「生活再建」を必要とする一定規模(半壊)以上の住居の損害を被られた方を対象としているためです。

 
  • Resta(リスタ)の正式名称は「地震被災者のための生活再建費用保険」です。
  • このページは、商品の概要を説明しております。ご検討にあたっては重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報)、普通保険約款を必ずご確認ください。
  • お住まいの地域等によってはお引き受けができない場合がございます。
  • SBIリスタ少額短期保険株式会社でお見積り・ご契約いただいた際に告知いただいた内容は、取扱代理店へ提供されます。
  • 取扱代理店およびその担当者(少額短期保険募集人)はお客様とSBIリスタ少額短期保険株式会社の保険契約締結の媒介を行うもので、告知受領権や保険契約締結の代理権はございません。保険契約はお客様からの保険契約のお申込みに対してSBIリスタ少額短期保険株式会社が承諾したときに有効に成立します。

募集文書番号:BG02-2016-1516
2016年11月作成
保険引受会社 SBIリスタ少額短期保険株式会社

地震保険をご検討の方へ、月額1,210円からの地震補償保険Resta(リスタ)をご案内しています。
※「地震保険」とSBIリスタ少額短期保険の地震補償保険Resta(リスタ)とは異なる商品です。



申込み・ご質問・資料請求はお電話またはWEBから