保険用語集-ソルベンシー・マージン|地震保険を検討中の方へ【SBIリスタ少額短期保険】
SBIリスタ少額短期保険

保険用語集-ソルベンシー・マージン

ソルベンシー・マージン【ソルベンシー・マージン】

"solvency margin"を翻訳すると「支払余力」。保険会社は、将来の保険金支払いなどに備えて、責任準備金を積み立てているので、通常予想できる範囲のリスクについては十分対応ができるようになっています。

これに対し、大災害など通常の予測を超えて発生するリスクについての対応ができる支払余力の比率を「ソルベンシー・マージン比率」といいます。この比率のみをとらえて経営健全性のすべてを判断することは適当ではありませんが、ひとつの指標にはなります。

また、この比率は行政監督上の判断基準にもなり、保険会社のソルベンシー・マージン比率が200%を下回った場合には、監督当局によって、早期に経営健全性の回復を図るための措置がとられます。逆にいうと、200%以上であれば、健全性についてひとつの基準を満たしているといえます。

一覧に戻る

閉じる

Copyright c SBI Resta SSI Co.,Ltd. All rights reserved.