補償内容について|地震保険を検討中の方へ【SBIリスタ少額短期保険】

補償内容について

Q. リスタと地震保険はどう違うの?

地震保険は火災保険とセットでないと加入できませんが、リスタは「単独でもご加入できる」点が最大の特長です。
また、SBIリスタ少額短期保険がご加入者の皆さまに実施したアンケート結果によると、地震補償保険「リスタ」が選ばれる理由は、主に次の3つです。

  • 1.保険料が手頃で手続きが簡単だから。
  • 2.単独でも地震保険の上乗せとしても加入できるから。
  • 3.保険金の支払いのための調査を当社ではない別の組織が行うから。
Q. リスタと地震保険は両方入れますか?

はい、両方にご加入いただくことが可能です。保険金はそれぞれ別枠で支払われますので、両方に加入していれば、両方から保険金を受け取ることができます。

※リスタと地震保険では、契約のご加入条件やお支払基準が異なりますのでご注意ください。

Q. 保険金額はいくらまで加入できますか?

リスタの補償額の上限は、世帯の人数によって決まります。
例えば1名世帯では300万円、5名以上世帯では最大900万円となります。

Q. 津波、土砂崩れ、地盤沈下、液状化現象などの被害も補償されますか?

地震、噴火を直接または間接の原因とする被害であれば、全て補償対象となります。
海外で発生した地震による津波による被害も、補償対象です。

Q. り災証明書の「全壊・大規模半壊・半壊」の基準は?

「全壊」とは、住宅の床面積に占める住宅の損壊、焼失、もしくは流失した部分の床面積の割合(A)が70%以上のもの、 または住宅全体に占める住宅の主要な構成要素の経済的被害の割合(B)が50%以上に達した程度のものです。
「大規模半壊」とは、Aが50%以上70%未満のもの、またはBが40%以上50%未満のものです。
「半壊」とは、Aが20%以上50%未満のもの、またはBが20%以上40%未満のものです。

Q. り災証明書とは何ですか?

り災証明書とは、大規模な災害が発生した際、建物の被害状況を地方自治体(市役所、町役場など)が調査し発行する書類のことです。
「リスタ」のご加入の有無にかかわらず発行される書類で、地震被災者に国から支払われる給付金(最大300万円)を受け取る際などにも必要となります。

Q. 「一部損(半壊に至らない被害)」は支払対象になりますか?

地震補償保険「リスタ」は、現在のお住まいに引き続き居住することが難しい「半壊」以上の被害を補償対象とさせていただいておりますため、「一部損」や「半壊に至らない被害」という被害認定はお支払いの対象外となります。

Q. 家財だけの被害でも補償されますか?

「一部損(半壊に至らない被害)」と同じく、家財が被害を受けた場合であっても、お住まいの建物に「半壊」以上の被害がない場合には、 お支払いの対象外となります。

  • Resta(リスタ)の正式名称は「地震被災者のための生活再建費用保険」です。
  • このページは、商品の概要を説明しております。ご検討にあたっては重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報)、普通保険約款を必ずご確認ください。
  • お住まいの地域等によってはお引き受けができない場合がございます。
  • SBIリスタ少額短期保険株式会社でお見積り・ご契約いただいた際に告知いただいた内容は、取扱代理店へ提供されます。
  • 取扱代理店およびその担当者(少額短期保険募集人)はお客様とSBIリスタ少額短期保険株式会社の保険契約締結の媒介を行うもので、告知受領権や保険契約締結の代理権はございません。保険契約はお客様からの保険契約のお申込みに対してSBIリスタ少額短期保険株式会社が承諾したときに有効に成立します。

募集文書番号:BG02-2016-1516
2016年11月作成
保険引受会社 SBIリスタ少額短期保険株式会社



申込み・ご質問・資料請求はお電話またはWEBから