プレスリリース

2010年12月2日

【報道関係者各位】

日本震災パートナーズ株式会社

映画『その街のこども 劇場版』ペア劇場鑑賞券を50組100名様にプレゼント

日本震災パートナーズ株式会社(本社:東京都新宿区)では、阪神・淡路大震災15年特別企画としてNHKでドラマ放送され、 このたび映画化・全国公開される『その街のこども 劇場版』ペア劇場鑑賞券をお客さまにプレゼントするキャンペーンを実施します。

(1)背景  1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災(兵庫県南部地震)では、兵庫県内を中心に、死者・行方不明者6,437名、負傷者43,792名のほか、避難人数が300,000人を超えるという大きな人的被害が及ぼされました。また、住家についても全壊104,906棟、半壊144,274棟、一部損壊390,506棟という甚大な被害を受けています。
 阪神・淡路大震災から16年となる2011年1月を迎えるにあたって、映画『その街のこども 劇場版』をお客様にご鑑賞いただくことによって、地震の被害について改めて認識をいただき、ご家庭の地震対策をすすめてほしい、という思いから、日本震災パートナーズではキャンペーンを実施することとしました。

(2)内容  キャンペーン期間中に新たに地震補償保険「リスタ」にお申込みいただいた方および既に地震補償保険「リスタ」にご契約いただいている方のうち、本キャンペーンにご応募いただいた皆さまの中から抽選で50組100名様に映画『その街のこども 劇場版』ペア劇場鑑賞券を進呈します。

(3)キャンペーン期間  2010年12月2日(木)〜2011年1月20日(木)まで

(4)映画『その街のこども 劇場版』について  阪神・淡路大震災からちょうど15年目にあたる2010年1月17日NHKで放送されたドラマ「その街のこども」は、実際に震災を体験している森山未来と佐藤江梨子の切なくリアルな演技に加え、心の傷を抱えたまま生きる若者たちを優しいまなざしで描いた渡辺あや(『ジョゼと虎と魚たち』)の脚本が大きな話題を呼び、放送後には視聴者の方々から感動と絶賛の声が多数寄せられました。その後本作は第36回放送文化基金賞を受賞しました。さらに反響は広がり続け、遂に『その街のこども 劇場版』として、NHKの制作したドラマとしては前代未聞の全国公開が決定し、新たな映像を含む、再編集バージョンでの上映が実現しました。
 「その街のこども」
 
 キャスト:森山未來、佐藤江梨子、津田寛治、白木利周
 監督:井上剛
 脚本:渡辺あや
 音楽:大友良英
 テーマ曲:阿部芙蓉美
 
 ○『その街のこども 劇場版』ホームページ http://sonomachi.com/

(5)地震補償保険「リスタ」※について 正式名称:地震被災者のための生活再建費用保険
 地震補償保険「リスタ」は「地震保険」とは異なる商品で、個人向けの保険では国内唯一の、単独で加入することのできる地震の保険です。(2010年12月1日現在)
 お客様のお住まいが地震などによる損害を被った場合、最大で900万円の補償を受け取れます。

 <補償内容>
 火災、津波、土砂災害、地盤沈下等の被害も地震に起因するものであれば補償の対象となり、お住まいの被害の程度(全壊・大規模半壊・半壊)によって補償額が決定されます。
 
 ○地震補償保険「Resta(リスタ)」のページ http://www.jishin.co.jp/resta/

【会社概要】 日本震災パートナーズ株式会社
 代表者  :多田 健太郎
 登録番号 :関東財務局長(少額短期保険)第1号
 本社所在地:〒162-0821 東京都新宿区津久戸町3-11 TH1ビル飯田橋 1F
 URL: http://www.jishin.co.jp/
 日本震災パートナーズ株式会社は、日本で初めて住宅向け地震リスクを専門にして保険引受を行う独立系の保険業者です。2006年4月の保険業法改正により、 2006年10月27日に少額短期保険(通称:ミニ保険)の第1号として登録を完了しました。近年の地震被害の悲劇を踏まえ、保険ニーズを徹底的に研究し、 お客様に必要とされる保険商品を開発・提供している会社です。

【本リリースのご照会先】 日本震災パートナーズ株式会社
営業部 足立長門
業務部 吉川淳史
TEL:フリーダイヤル0120−431−909 受付時間:平日9:00〜18:00
FAX:フリーダイヤル0120−091−431 受付時間:24時間受付
MAIL:info 受付時間:24時間受付